ホーム > 生活 > 国際結婚 手続き ベルギー

国際結婚 手続き ベルギー

国際結婚 手続きの難しさのひとつに、日本と違い、諸外国は結婚の手続きが案外と複雑である、という点があげられます。例えば、フィリピンなどは、国際結婚だけでなく結婚を一般の市民に事前公示するという、日本人の感覚からはちょっとびっくりものの国際結婚手続きがあったり、中国では、身体検査があったり写真館で写真を撮ったりします。次にトーキーになつてから録音に関する部署を受け持つ人たちが新たに加わつたわけであるが現在のところではこの人たちに対する選択がまつたく行われていない。我々の見解ではこの部署を受け持つにはかなり高度の才能を要求したいのであるが、現在のところでは才能もへちまもない。要するに機械をいじることのできる人でさえあれば大威張りでこの部署に着いて収まつているわけである。画面がクローズ・アップの場合は声を大きく録音し、ロングの場合は小さく録音しさえすればいいと心得ているような人たちに音をまかせて仕事をしなければならないのではなかなかおもしろい映画はできにくいのである。いまさら監督学の初めからおさらえをする手はないが、クローズ・アップとは何もだれかが側へ寄つてつくづく顔を打ち眺めましたということではないのである。
 次に音楽といつてわるければ音響の整理でもいい。そういうものがいかに重大であるかということを各会社ともにいつせいに認めていない。
 その証拠にまだ日本には耳の監督がいない。西洋のことは知らない。そういうものがあるかないか私は知らないが、トーキーを作るうえにおいてこれは絶対に必要なものである。もしもそんなものはいらないという監督がいたら試みに半音程調子の狂つた楽器を混えたオーケストラを、その人の前で演奏させてみればよい。その人がただちにその半音の狂いを訂正する人ならあるいは音楽監督を必要としないかもしれない。しかし訂正する人はめつたにいないはずである。自分では健全なつもりでいるが我々の耳は専門家からみればつんぼも同然のものである。
 ところで現状の実際からみれば音響監督のことなど夢のような話で、ほとんど各社とも一つの作品に付随する音楽の全部を一晩か二晩で入れているありさまである。いいもわるいもない。選曲のはちの頭のといつているひまもない。何かしらん音が出ればそれで満足してうれしがつているのが現在の映画会社である。
国際結婚 手続きの手引きのようなものはないかあちこち探しましたが、実際役に立つレベルのものは見つかりませんでした。結局、国際結婚 手続きは、あまりに各国多種多様であるからだと思います。


関連記事

  1. アウディの口コミ

    きのうから、美木良介さんのログブレスダイエットを始めました。すごく汗になります。...

  2. 国際結婚 手続き ベルギー

    国際結婚 手続きの難しさのひとつに、日本と違い、諸外国は結婚の手続きが案外と複雑...